『箱庭の国』ルールとコンポーネント公開

 

今週の空理通信です。

 

ボードゲーム『箱庭の国』の制作は、今週かなり進んでいます。

(ざっくりした紹介はこちら。)

 

まず第一に、ルールです!ルール公開です!

 

http://kuuri.net/reclamation.html

 

こちらはWEB公開版ルールです。

テストプレイと調整の結果、ようやく公開にこぎつけました。

頒布までにまだ手が加わるかもですが、よろしければぜひご一読ください。

 

DSC_1967_w1000

 

第二にコンポーネントです!

表題にはないですが、コンポーネントのほうも、部材がだいぶ揃い、完成形が見えてきました。

(ちなみに、冒頭の紹介記事では試作版の写真が載っています。差し替えるかは検討中…)

では、見てみましょう。

 

DSC_1907_w1000

駒、ボード、カード、そして駒入れです。

駒やカードは箱のなかでバラけますので、フェルトの駒入れが付きます。

 

P1100524_w1000

ボードは結構厚みのある、しっとりとした合皮製です。

カードも、厚みと風合いのある紙質に変わっています。

お厚いのがお好き、なのです。

 

DSC_1991_w1000

プレイシーン。

盤面のプリントが黒インクになりました。

視認性がだいぶよいです。

 

こんな感じです。

なお、掲載の写真撮影は弟。ありがとう!

 

さて、これでどうやら頒布の目処がたちました。

ぼちぼち量産体制に入っていこうかと思いすが、まだ包装が完全に手付かずですので、それも来週のタスクになるかと思います。

 

以上です!

今後も引き続き、空理計画をよろしくお願いいたします。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です