『箱庭の国』第二版ルールについて

空理計画です。

この記事では、ボードゲーム『箱庭の国』のルールについて、初版と第二版との違いを書き出してみます。

また後半では、ルール全体の注意点、そして第二版で追加された「玉座」ルールの注意点について、それぞれまとめていきます。

初版をお持ちの方、また、第二版ルールに不明な点がある方など、この記事を参考にしてみてください。


 

◆初版と第二版の差異

第二版ルールでは、初版のルールに加えてもう一つのゲームモードを追加する、という点が最も大きな変更点でした。
しかし実際には、それに伴いルールが全体的に整理され、初版のルール部分にも若干の変更がなされています。

以下、その変更点についてまとめてみました。

(なお、ここでの初版ルールとは、第二版では「庭園」ルールとして収録されているルールに対応しています。)

1)置石ルールの省略

初版では、ハンデとして後手のプレイヤーが置石をできることになっていましたが、第二版ではこれをオミットしました。

2)手番での行動の固定化

初版では、手番には「移動」「開拓」の各行動を、任意の順番で行うことができるとしていました。
また、各行動の実行も任意とし、事実上のパスも可能としていました。

第二版のルールでは、手番には「移動」→「開拓」の順に行動を行うものとし、各行動についても、必ず実行しなければいけないというかたちに変更されています。

3)敗北条件の追加

第二版では、上の規定のため、手番をパスすることが出来ません。
「庭師」を動かすことができない状況に陥った場合、合法手が無いとみなされ、その場で敗北となります。

また後述の、「「開拓」が行えない場合」に関しても、やはり合法手が無いとみなされ、その場で敗北となります。

ゲームを進める上では、「庭師」の動ける場所を確保すると同時に、手持ちの石を極力切らさないように気をつけましょう!


◆ルール上の注意点

上では初版と第二版との違いについて述べましたが、ここからはルール全体に関する注意点をまとめてみます。

◯「開拓」を実行できない場合

ルール上では、盤面上に一切変化を与えられない場合には、「開拓」は実行できないとされています。

「盤面上に一切変化を与えられない場合」というのは、以下のようなケースのことです。

  • 「開拓」の範囲がすべてボードの外にある場合
  • 「開拓」の範囲に相手の陣地がなく、自分の持ち石がない場合

前者については、「開拓」の範囲がひとマス分でもボード内に収まっていれば、この限りではありません。

ただしその場合でも、後者の条件を満たしていれば、「開拓」を実行することはできません。
「開拓」の範囲に相手の石がなければ、「相手の石を取る」と言うかたちで盤面を変化させることができません
さらに自分の手元に一切持ち石がない以上、「自分の石を置く」ことで盤面を変化させることもできません

もちろんこれに関しては、「自分の石は置けないが相手の石は取れる」「相手の石は取れないが自分の石は置ける」といった場合には、「開拓」を実行する事ができます。

◯行動できる「庭師」の数

fig_1_2

ルール上見落としやすいポイントが、手番で行動できる「庭師」の数です。

「玉座」ルールでは、「庭師」を増やすことができ、プレイヤーが複数の「庭師」を所有する局面が発生します。

そのような場合でも、手番で操作できる「庭師」は1つだけです。

複数の「庭師」を所有している場合、そのうちの1つを選んで移動させ、その「庭師」に「開拓」させてください

「庭園」ルールでは、「庭師」は1つしか持つことができないので、この点について注意する必要はありません。

◯「玉座」ルールにおける「庭師」の増減

fig_rule2_1

「玉座」ルールの最大のポイントが、自分の「庭師」を増やし、相手の「庭師」を減らすという部分です。

ルール上、「庭師」とは「3つ重ねられた石」と定義されています。
そして「玉座」ルールでは、「開拓」によって自分の石を3つまで積むことができ、また相手の石が3つ積まれたマスから、石を1つ取ることができます。

これはそのまま、「開拓」によって自分の「庭師」を新しく作るということ、そして、「開拓」によって相手の「庭師」を2つ積まれた石に変えるということにほかなりません。

特に後者については、1つか2つ積まれた石は、もともと「庭師」であったとしても、もはや「庭師」としての機能は持たないという点に注意してください。


長々と書いてしまいましたが、現状当方で把握しているところでは、以上の点がルール上わかりづらい部分となっているようです。

ブログでの補足となってしまいましたが、いまいちどルールと合わせて確認していただければと思います。

それでは!

『箱庭の国』初版ご購入の方へのおしらせ

空理計画です。

前回のゲームマーケット(2016春)にて、ボードゲーム『箱庭の国』初版を購入された方にお知らせします。

『箱庭の国』は、新ルールを追加した第二版として、次回ゲームマーケット(2016秋)にて再販を行う予定です。
この第二版では、初版よりルールブックとカードに内容の追加が行われています。

 

そこで前回頒布の版を購入された方には、会場にて最新版のルールブックとカードを配付いたします
これについては、無償での配付となります。
受取りを希望の方は、空理計画のブース(I31)にて、初版のコンポーネントの一部(カードなど)、あるいはその写真をお見せください。
ブースにいるものが引き渡しいたします。

もし当日会場に来られない方は、TwitterのDM、あるいはメールにて住所等ご連絡いただければ、こちらから郵便にて発送します。
(メールアドレスは、HPにてご確認ください。)

 

前回は、『箱庭の国』に興味を持っていただきありがとうございました。
また引き続き、このゲームの情報をチェックしていただけたこと、たいへん嬉しく思います。
当日、会場でお会いできるのをお待ちしています!


なお、最新版のルールはHP(http://kuuri.net/game/reclamation/rule/)にて公開しています。
また、カードについても同ページにて画像を掲載しています。
ルールをチェックの上、厚紙にカードを印刷すれば、お手元のコンポーネントにて追加ルールをプレイすることが可能です!
ぜひお試しください。

<第二版にて追加の開拓カード>

card_2

<初版に付属の開拓カード>

card_1

 

ブログを開設しました

この度、ブログ「空理通信」を立ち上げました。

ここは、管理人はくしのイラストサイト、「空理計画」のブログ版です。
いままでサイトのトップページに掲載していたような更新情報に加え、その他のよしなしごとを書き連ねていきます。

このページの上部のリンクからサイトに飛ぶことができますので、ポチッとやって頂ければ幸いです。

なお、この記事以前の投稿は、いままでサイトのトップに載せていた更新情報です。
最初の投稿が、ブログ的にすこし変なことを言っているのはそのせいですので、どうぞお気になさらず。